MENU

背中ニキビと睡眠時間は関係している?睡眠不足は悪影響?

 

背中ニキビは代謝異常によって生じることが多いため、睡眠不足は大いに影響してきます。

 

昔から睡眠時間が不足すると、肌荒れ・クマ・ニキビなどが起こりやすいと言われています。

 

代謝やターンオーバー、ホルモンバランスなどが乱れてしまうので、背中ニキビのケアとして質のよい睡眠は必須となります。

 

背中ニキビ対策としては睡眠時間を8〜9時間確保するのが好ましいです。

 

布団に入って即座に眠られる方は少ないでしょうから、入眠までの時間ロスも考えておくべきです。

 

入眠まで30分くらいを見積もっておけば完璧なので、8時間睡眠を取るなら8時間30分をイメージしましょう。

 

睡眠不足が原因の背中ニキビは、スキンケアだけでは治りません。

 

毎日の入浴で皮脂をしっかり落として、それから保湿ケアをしたとしても、これらはすべて外側からのケアです。

 

ニキビは体内から発生する肌トラブルなので、体内からのケアが効果的なのです。

 

特に夜ふかしをする方は肌に影響しやすいので、早寝早起きを心がけましょう。

 

睡眠は時間だけ確保すればいいものではありません。

 

時間と質のバランスが大切であり、肌のためには深夜に起きているのは好ましくないのです。

 

肌の修復が行われる時間帯は22時〜2時なので、この時間帯までには眠っておくべきでしょう。

 

日々の生活習慣の中で、最も簡単かつ手軽に行える美容法は睡眠改善です。

 

朝に弱いという方は、睡眠不足の可能性があります。

 

睡眠の質がよくない方は、ストレスが原因の可能性があります。

 

就寝前は頭を真っ白にして、ストレスや悩みはリセットさせておきましょう。