MENU

背中ニキビと胸のニキビは同じケアをすれば大丈夫なのか

 

ニキビは顔だけではなく、身体中のあらゆるところに出来てしまいます。

 

身体に出来るニキビで多いのが背中ニキビと胸のニキビですが、同じニキビであっても出来てしまう原因が違うため、同じケアをしていても改善しないことがあります。

 

背中ニキビの原因の多くはシャンプーやボディソープの成分の洗い残しや衣服との摩擦だと言われています。

 

お風呂に入って清潔にしているつもりでも、綺麗に髪や身体に残る洗浄成分が洗い流せていないとそれが原因になって背中の毛穴が詰まってしまってニキビの原因になってしまいます。

 

それに対して胸のニキビの原因の多くはホルモンバランスが影響していると言われています。

 

ホルモンのバランスが崩れると肌の角質が厚くなり、毛穴がふさがれて皮脂が詰まってニキビの原因となってしまうのです。

 

背中ニキビも胸のニキビも他の要因が絡んでくることも多いのですが、主な原因は外的要因と内的要因という違いがあります。

 

どちらの場合にも重要なのは、肌を清潔に保っておくことです。

 

肌が清潔で洗浄成分や皮脂、角質が溜まったとしてもそれらを取り除いて清潔を保つことができればニキビができたりそれが悪化して炎症を引き起こしてしまうこともなくなります。

 

それと同時に生活習慣を改善してしっかりと睡眠を取り、脂っこいものは控えめにする、ストレスをためないようにするなど顔のニキビと同様の改善を行うことが背中ニキビ、胸のニキビ共通の対策となります。